借りたお金が返していけなくなったところに突然給与が差し押さえられて真っ青になりました!

ぼくは札幌市で派遣として3交代で勤務していますが、交代制でも給料は思ったほど多くありません。派遣社員なので賞与ももらえない状況で、病気で障がいを持った家族の介護をしていることもあり、支出は結構多いしまいます。少しでも稼げる業種を調べてはいますが、今のでは生活費足りずカツカツだったもあり、少しずつカードローンの借入れ額も嵩んでいきました。

月々の返済を数ヶ月に渡り滞ってしまったところ、突然、契約している派遣会社から僕の給料が差し押さえられたと連絡が入りました。派遣元の話しを聞くと、カード会社が差押をしたために、私の月給は振込することはできず、供託されることになりますと説明されました。月給が入らないと聞いたショックももちろんありますが、自分の借金が返せずにいた苦しい状況を派遣会社側に知ることとになったのにもあまりにもショックで何を言えばいいかわからなくなりました。

見かねた派遣会社の営業スタッフがそういうことならと差し伸べてくれ、弁護士にこの状況を相談するようアドバイスくれたのです。わたしもインターネットで調べて見た電話をしたのですが、紹介いただいた弁護士の先生は借金に専門的に対応とする法律事務所に在籍でした。紹介してくれた弁護士の先生に今後の借金について相談したところ、個人再生の手続をすることで借金の負担が今より減らせるとという提案を受けました。今ある資産状況から自己破産地方の裁判所へ申請してから、同時廃止の申したてを済ませれば、差押えが解除され、減らずにいた残高のからも這い上がるされて、前向きに生活の再スタートができると聞いて勇気が出ました。自分の職業は自己破産の手続中に働くことが出来ない職業ではありませんのと、人材派遣会社にも給料が差し押さえられていると電話があった段階でお金に首が回らないのはわかっていましたので、私は自己破産に関する諸々の手続きを弁護士さんにお願いしました。麻雀等でお金を使い果たすことが止められないということではないと伝えたので、想像よりもすんなりと自己破産が確定たのでした。200日以上過ぎても破産申請が下りない人も少なくないとのそうですが、弁護士のフォローも甲斐あって、2か月半ほどで免責の決定がくだりました。

借金の返済に頭を痛めることがなくなった上に、今まで通りの日常や給与はそのままを維持出来ますので、前向きな気持ちで再始動ます。しばらくの間、クレジットもカードローンも借りたりはできませんが、それよりも、クレジットカードで返済できないなんて危険性もなくなりです。一人で悩みを抱えずさっさと任意整理の相談を借金相談センターにすればよかったと非常に反省しています。