新聞の宣伝広告、スポーツ紙、繁華街にある宣伝チラシやDMで、「負債の合理化します」

新聞の宣伝広告、スポーツ紙、繁華街にある宣伝チラシやDMで、「負債の合理化します」「多重債務をまとめたくないですか」というような惹句を見かけることがよくあります。

このようなものは、「整理屋」「買取屋」「つなぎ屋」という俗称の悪徳会社の広告のときもあるということです。

このようなものを申し込んだケースでは自己破産フローの中で最優先の免責許可を得られないリスクが存在します。

「整理人」の場合広告などで負債者を呼び出し、すさまじい費用を要求して借金整理を行うのですが本当は債務整理はされず、さらに負債スパイラルにはまってしまうケースがすべてと言えます。

「買取業」とは債務人のクレジットで、電気製品、飛行機の利用券を山ほど購入させて負債者から商品を売値の20%や額面半値で受け取るというやり方をとっています。

当人は瞬間的には現金が増えますが、そのうちカード会社経由の購入品の売値の返済請求がくることになり、債務額を増やす結果となります。

このケースではカード業者に対する詐欺行為ということになり免責が受けられません。

「つなぎ業者」は名の知れたサラリーマン金融から貸してもらえなくなった負債者に対し、業者として提供は一切せずに、資金提供を可能な別の店を呼び出し、高すぎる費用を取っている会社です。

つなぎ屋は手の込んだ手引きで融通してもらえたという口調で会話しますが現実は何もしないで、ただ調査の甘い企業を説明しているだけというやり口です。

この場合でも結局は負債額を増加させる結果に終わります。