民事再生という手段は住宅のローンもある重債務に悩んでいる人々を対象とした住んでい

民事再生という手段は住宅のローンもある重債務に悩んでいる人々を対象とした住んでいるマンションを維持したまま金銭的に再建するための法的機関による債務の整理の手段としてはじまった解決策です。

民事再生には、破産申告と違って免責不許可事由がなく、賭博などで借金ができた場合でも問題ないですし、自己破産をすれば業務できなくなるような資格で仕事をされている場合などでも民事再生は可能になります。

自己破産制度ではマンションを残しておくわけにはいきませんし、他の債務処理方法では、元金そのものは返していくことが求められますので、住宅ローンもある一方で払っていくことは多くの場合には難しいと思われます。

しかし、民事再生による手続きを選ぶことができれば住宅のためのローンのほかの借り入れについては少なくない額を圧縮することも可能なため、余裕を持ちつつ住宅のためのローンを払いつつ残りの債務を払っていくことも可能というわけです。

でも、民事再生は任意整理による手続きまたは特定調停と違って一部の借り入れだけを除き処理を行うことは不可能ですし破産申告の際のように負債それ自体消えるわけではありません。

さらに、そのほかの債務整理と比較しても手続きの手順がめんどうで負担もかかりますので住宅のローンがあり住んでいるマンションを手放すわけにはいかないような状況等を除き、破産宣告のような他の解決策がない時だけの限定された手段として考えていた方がいいでしょう。