民事再生による整理は住宅ローン等もある複数の債務に苦しむ債務者を救済するために住

民事再生による整理は住宅ローン等もある複数の債務に苦しむ債務者を救済するために住宅を維持しつつ金銭管理において再生するための法的な機関による謝金の整理の処理方法としてはじまったルールです。

この制度には、破産のように免責不許可となる条件がないので賭け事などで債務ができた場合においてもこの方法は取れますし破産をすれば業務ができなくなってしまうような資格で仕事をされているような場合でも手続きが検討可能です。

破産の場合は、マンションを保有したままにするわけにはいきませんし、任意整理や特定調停などでも、元金は戻していく必要がありますので住宅ローンなども払いながら払っていくことは現実として簡単ではないでしょう。

といっても、民事再生という処理を採用することができれば住宅ローン等以外の負債額はものを減ずることもできますので、ある程度余裕に住宅ローンなどを払いながら他のローンを払っていくようなことができるといえます。

いっぽうで、民事再生という選択は任意整理や特定調停等とは違って特定の債務を除いて処理を行うことは考えられませんし自己破産におけるように借金それそのもの帳消しになるということではありません。

それに、それ以外の債務整理と比べて手続きがこみいっていて時間もかかりますので住宅ローン等がありマイホームを維持していきたいような状況を除外して自己破産などその他の整理ができない時だけの限定された解決方法として考えていた方がいいでしょう。