特定調停という方法も任意による整理と同じように貸方に対し返済を行っていくことを前

特定調停という方法も任意による整理と同じように貸方に対し返済を行っていくことを前もって決めた借金を整理する選択肢なのです。

わかりやすくいうと裁判所が関係する借金整理といえます。

任意整理による方法と似ていて、破産申告と違い一部の負債のみを整理していくことができますので連帯保証人が付いている負債額を除き整理したい際やマンションのローンを除き手続きをする際などにおいても活用することも可能ですし築き上げてきた財産を放棄する義務がないため自動車や土地などの資産を持っているものの放棄してしまいたくない状況であっても活用できる借金整理の手続きです。

いっぽう、手続きを取った後返済する額と実際に可能な所得額を比較検討しておおむね返済の目処が立てられるようであればこの特定調停による手続きを進めるほうが良いですが破産手続きのように返済義務が消滅してしまうという意味ではありませんのでお金の額が大きい状況では、残念ながらこの方法を取るのは困難だということがいえるでしょう。

さらに、この手順は司法機関が介在しますので弁護士事務所などにゆだねなくてもリスクが増えることがないことや解決するための費用を節約できるという点は注目できますが債権者それぞれの取り立てに対し債務者自らが回答しなければならない点や管轄の裁判所に幾度も出頭する必要がある等の注意が必要な点もあります。

任意整理による手続きと比べてのことですが、最終的に解決できない場合は年利をすべて付けた状態で支払っていくことが求められる点や結果としては債権者に対し払っていく合計が任意整理による処理と比較して増えてしまうことがあるといった覚えておきたい点もあります。