特定調停という方法も任意整理による処理と似ていて、おのおの債権者に借金の支払いを

特定調停という方法も任意整理による処理と似ていて、おのおの債権者に借金の支払いを続けることを前置きとした借金を整理していく手順になります。他の表現でいうなら裁判所がやる任意整理ということができます。特定調停という方法も任意整理による解決とほぼ同じく自己破産とは違ってある部分だけの借金だけを処理していくことが可能ですので、連帯保証人が関連する契約以外について手続きをする際や自動車ローンを除いて整理をしたい際なども検討することも可能になりますし全ての財産を放棄してしまう義務がないためクルマや土地などの自分名義の資産を持っているものの放棄してしまいたくない状況でも活用可能な借金整理の方法になるでしょう。

後々返済が必要となる額と給与等の収入を比較検討し常識的に見て完済が見通せるようならばこの方法で方法を選択することが可能ですが、破産手続きとは違って負債そのものが消えるわけではありませんので、負債の金額がかなりある状況の場合実際的にはこの方法で手続きを踏むのは難しくなるということがいえるでしょう。いっぽう、この手順は裁判所が介入するので弁護士等に頼まなくても不利な立場に立たされる心配はないということや手続きのためのお金を減らせるというポイントは魅力的ですが、貸し手のわずらわしい取り立てに対し債務者自身が応対していくことになる点や管轄の裁判所に何回か出頭することが求められるというような注意点もあります。

くわえて、任意整理による処理に対して、最終的に和解が成立しないような際は利子をすべて付けた額で払っていかなければいけないといった点や最終的に貸方に対して返すお金が任意整理による手続きよりも増えてしまうことがあるなどといった点もあります。