特定調停による処理も任意による整理と同じく、おのおののお金の貸し手に対して借金の

特定調停による処理も任意による整理と同じく、おのおののお金の貸し手に対して借金の支払いを行うことを前提とした債務の整理の選択肢のことをいいます。言い換えるなら裁判所が関係する債務の整理と考えればいいでしょう。

この手順も任意整理による処理と同じように破産手続きとは違いある部分だけの負債のみをまとめることが可能ですので、保証人が付いている負債額以外だけで処理する時や自動車ローン以外だけを検討する際等においても適用することが可能になりますし全ての資産を手放してしまう必要がないのでマイカーやマンションなどの自分の資産を所有しているものの手放してしまいたくない状況においても有効な借金整理の方法となっています。

しかしながら、手順を踏んだ後の返済に必要な額と現実の所得額を検討して常識的に見て返済の計画を立てられるようであれば特定調停での方法を選択するほうが良いといえますが、破産宣告と異なり負債自体が消滅するということではないため、お金の量が多いような場合は、実際的にはこの特定調停という選択をするのは困難であると判断することになるでしょう。

また、特定調停による解決は公的機関が間に入りますので司法書士等にお願いしなくても立場が弱くなることはないという点や手続きのための費用を節約できるという利点は良いのですが、貸し手のきびしい取り立てに自ら処理していくことになる点に加え管轄の裁判所に顔を出す手間がかかるといった覚えておきたい点もあります。くわえて、任意整理による方法と比べると最終段階でも解決できないような時は利息をすべて付けた状態で振り込んでいかなければならないということやあとから見れば貸方に対して支払っていくお金が任意整理による処理の場合よりも高くなる場合が多いなどといった留意点もあります。