特定調停も任意整理による手続きと同じように、それらの債権者への返済を行っていくこ

特定調停も任意整理による手続きと同じように、それらの債権者への返済を行っていくことを前提とした債務整理の手だてです。

わかりやすくいうならば裁判所における借金の整理ということができます。

特定調停による方法も任意整理による手続きと似ていて破産宣告とは異なり一定のお金のみをまとめることになるので保証人が関与している負債額以外だけを手続きをしていく場合や住宅ローン以外で手続きする場合等でも用いることも良いですし築き上げてきた財産を放棄する必要がないため、株式や住宅などの個人資産を持っているけれど、手放したくない場合においても有効な借金整理の手順になります。

いっぽう、手順を踏んでからの返済に必要な額と実現可能な収入を比較し、だいたい返済の計画が立つ場合においては特定調停での手続きを進めることに問題ありませんが破産宣告と違って返済義務自体が消えてしまうという意味ではありませんので、金額が大きい場合には、残念ながらこの手続きを踏むのは困難だということがいえるでしょう。

あと、公的機関が間に入るため司法書士事務所などに関わってもらわなくても不利になることはないという点とか手続きのための費用を削減できるというメリットは良いのですがお金の貸し手からの取り立てに対し債務者自身が処理しなければならないことや、管轄の裁判所にことあるたびに足を運ぶことが求められる等の留意点もあります。

くわえて、任意による整理との比較点ですが、最終段階でも解決が得られない場合には利息をすべて付けた計算で返済していくことになるといった点や債権を持つものに対し返していく額が任意整理による解決に対して割増しになることがあるといった注意点もあります。