破産の手続きは自分の都合で一部のお金を外して行う手続きは通りませんので、ローン又

破産の手続きは自分の都合で一部のお金を外して行う手続きは通りませんので、ローン又は保証人の存在している借金を取り除いた破産の申し立ては通ることがありません。

高額な住宅ローンが残っている状態で破産の申し立てを行ってしまえば持ち家は押収されてしまいます故、住宅ローンを支払いつつ(マイホームを守りながら)債務を精算したい時には民事再生という申込方法を用いるのが良いでしょう。

ところで、親族などの保証人がある借金が片付いていない場合に、自己破産申請者が自己破産の申請をすると保証人宛てにダイレクトに請求書が送られるのです。

さらにあるいは保持している財貨(駐車場、マイカー、有価証券、生命保険といった類いのもの)は原則論的には全て没収対象となってしまうゆえ、どうしても持っていたい財があるという場合や、自己破産の申立てをすると業務停止になってしまう資格を使って給料を得ているならば、他の借入金返済のやり方(任意整理や特定調停といった手続き)を考えなければなりません。

さらにはばくち又は無駄遣いに端を発する返済義務のある借金を作った際には最大の関心事である免責(借りたお金をなかったことにする手続き)が受理されない可能性が考えられますので、異なる負債整理の選択肢(特定調停、債権者との和解による任意整理、民事再生による借金の圧縮)による身の振り方も視野に入れて考えることが必要になることもあるでしょう。