破産宣告であなたの借り入れに関してその保証人がいる場合にはあらかじめ相談をしてお

破産宣告であなたの借り入れに関してその保証人がいる場合にはあらかじめ相談をしておいたほうが無難です。再度、強調させていただきますが保証人を立てているときは破産申告の前段階できちんと検討しておかなければなりません。なぜなら、あなた自身が破産申告をして受理されれば保証人がその借り入れをまとめて払う必要が生じるからです。ということから、破産宣告以前に保証人になってくれた人に、今の状態を報告し、お詫びをしておかなくてはいけないでしょう。そういうことはあなたの保証人の立場に立つと当たり前です。あなたが破産の申告をすることから、有無を言わせず大きなローンが生じることになるのです。

そして、以後のその保証人の取るべき方法は以下の4つになります。まず1つめですが保証人である人が「全部払う」というものです。保証人である人がすぐにでも大きな借金をいともなく返せる貯金を用意していれば、この方法を取ることが可能でしょう。しかしながら、あなたが破産せずに保証人となる人に借金して、あなた自身は保証人自身に月々一定額を返済をしていくという手順も取れるのではないでしょうか。保証人が自身と信頼関係にあるのであれば少しだけ完済期間を長くしてもらうことも問題ないかもしれません。

いっぽうひとまとめにして完済不可能だとしても、貸方も話し合いにより分割払いに応じるものです。保証人となっている人にも債務整理を実行されると、借金が一銭も返金されないリスクを負うからです。保証してくれる人がそのお金を代わりに払う財力がなければ借金しているあなたと同じようにどれかの借金を整理することを選ばなければなりません。続く方法は「任意整理」による処理です。貸方と話し合いを持つ方法により、数年の時間で返済していく方法になっています。実際に弁護士にお願いする際の経費は債権1件につき4万円。全部で7社からの債務があったなら28万円必要になります。もちろん相手方との話し合いを自分でチャレンジすることもできないことはないですが、経験や知識がない素人の場合相手が自分たちに有利な提案を用意してくるので注意しなければなりません。くわえて、任意整理で処理する場合も保証人となる人にお金を代わりに払ってもらうことを意味するわけですから借りた本人はちょっとずつでも保証してくれた人に支払いをしていく義務があるでしょう。

3つめは保証人となっている人も破産した人と同様に「破産する」ということです。保証人となっている人も返せなくなった人と同じように破産手続きをすれば、保証人となっている人の債務もなくなります。ただその場合は、有価証券等を持っている場合はそれらの財産を没収されてしまいますし、資格制限のある職業についている場合などは影響を受けます。そのような場合、個人再生を活用できます。最後の方法の4つめですが「個人再生という制度を使う」方法についてです。マンション等の不動産を残したまま借金の整理を希望する場合や、破産申し立てでは資格制限に触れる職に従事している方に選択できるのが個人再生による整理です。この手段なら、自分の住宅は残りますし破産申し立ての場合のような職業にかかる制限資格制限等がかかりません。